読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでてくてくと

一人でゆく旅、登山、読書、映画、料理などなど

★★★★ 書評「新たな冒険者の誕生だ」 宮木公博『外道クライマー』(講談社)

書評

新たな冒険者の誕生―。

那智の滝を登攀したことで逮捕された著者が描く冒険譚であり、冒険論。

ハードカバーにも関わらず、冒険家の角幡雄介さんの解説があるのは、
初めての著作で、本が売れないことを危惧した編集者の仕業かもしれないが、
そんなことが必要もないワクワクする素晴らしい内容だ。

本書は、「那智の滝・登攀逮捕事件」から始まり、
タイのジャングルでの46日間に及ぶ「沢登り」を中心に著者の登攀記録で構成されている。

山を登ると言っても、いくつかのパターンがあり、ハイキング、本格的な登山、
登攀具を使ったロッククライミング沢登りなどがあり、夏と冬でもやり方や道具も違う。

通常、本格的な登山といった場合、2000~3000メートル級の
日本アルプスなどの山々を巡ることを指すもので、登攀具の出番は少ないだろう。

沢登りは、山に入り河を遡上していくので、ある程度、登山をこなし、
岩登りやクライミング技術が無くてはこなせない上級者の道である。

卑下しているかのように描かれる「沢登り」だが、解説でも角幡さんが書いているように、「沢登り」に対する登山界の軽視への怒りがそこにあるのかもしれない。

しかし、本書の読みどころは、やはりタイのジャングルでの冒険だ。
高野秀行さんの著作に通ずるところがあるが、とにかく会話やジャングルでの過ごし方がユニークで面白い。一緒に付いていきたくなるほどだ。

新しい冒険ものが読みたい方にはおすすめの1冊だ。

ちなみに、著者が書くネット上のブログ「セクシー登山部」も面白いので、
早く更新してもらいたい。

また、TBSテレビ「クレイジージャーニー」の出演回を見ると、非常に寡黙でまじめな印象だった。だいぶ本書とのイメージが違うのが面白い。(2016年読了)

www.amazon.co.jp