読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでてくてくと

一人でゆく旅、登山、読書、映画、料理などなど

★★★★ 書評「ピアノの演奏を文字で読む名作」 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸、幻冬舎)

書評

直木賞受賞前から評判がよく、ちょうど仕事の関係で会社にあったので、久しぶりに恩田陸さんの作品を手に取った。

恩田さんの作品は、初期作と『夜のピクニック』など数冊しか読んだことがなく、
ファンタジー的な作風というイメージしかなかった。

本書は二段組で500ページにも及ぶ大作だったが2日で読み終えるほど面白かった。

ストーリーはわかりやすく、日本で行われるピアノコンクールをめぐる青春群像劇で、
天才少年の風間塵、かつて天才少女で母の死でピアノが弾けなかった栄伝亜夜、
優勝候補と目されるマサル、音大出身の楽器店勤務のサラリーマン高島明石が
優勝をめぐってしのぎをけずる。

しかし、しのぎをけずると言っても、みんな爽やかに切磋琢磨していて、
誰も「悪役」が出ずに何とも爽快感のある小説だ。

読み終わった後、彼らが弾いた曲がどうしても聞きたくなり
クラシックのCDをいくつか借りてしまった。

恩田さんはデビュー25年らしいが、小説家としての語彙をすべて使って、
彼らのピアノの演奏をテンポよく描く。まるで音楽のように文字が躍る。

それが心地よく、読んでいて本当に心地が良い。

一部、本書のレビューで、漫画『四月は君の嘘』と『ピアノの森』との
類似が指摘されているが、『四月は君の嘘』に関しては、
その数年前に本書の連載が始まっているので、その指摘は当たらないだろう。
それにしても、小説のレビューで漫画と同列に評論するのはどうかと思う。

本書を読む際は、くれぐれも最終ページをいきなり見ないように注意してほしい。
しかも、透けたりしているので、注意しておかないと
コンクールの最終的な順位が出ているので、間違ってめくると楽しみが半減する。

ちなみに、私は「その後」の話が大好きなので、文庫化するときに彼らがどうなったか、将来の話を少し加えてくれたらうれしい限りである。(2017年1月読了)

コラム「共謀罪の必要性がよくわからん」

コラム

2017年、国会が始まり様々な法案が審議されているが、特に「共謀罪」をめぐって紛糾している。

別に「共謀罪」という法案があるわけではなく、「共謀罪」という新たな罪を新設する
「組織犯罪処罰法」の改正案をめぐる話である。

もうすでに、この法案は3度も廃案になっていて、今回、

国会に提出されたら4度目になるわけだ。

この法案は閣法のようなので、国(法務省)が推していて、
最初の提出が2006年なので、そこからもう10年以上も経っている。

この10年で省内でも人事がかなり動いているだろうに、
ここまでこだわるのは、法務省の悲願なのだろうなとは想像がつく。

そこで、この法案の必要性は、調べてみてもよくわからない。

共謀罪」とは簡潔に言えば、犯罪を共謀(共に悪事をたくらむこと)したら
逮捕というととになるので、それを事前に防ぎましょうということらしい。

まあ、それが一般人などに拡大解釈されるのが問題だと
メディアやリベラル・左翼陣営は危険だと叫んでいる。

国(法務省)は、2017年の法案では、「共謀罪」という名称を辞めて
「テロ等準備罪」に変更するとしている。

共謀罪(テロ等準備罪)を新設しなければ、2020年に日本で五輪が開けないとか、
国際組織犯罪防止条約に締結できないというのだが、真偽のほどはわからない。

法務省や外務省の説明を読む限り、各国が締結しているから我が国も
国際社会の一員としてそれにならわなければとしか読めない。

※外務省→http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/soshiki/boshi.html
法務省http://www.moj.go.jp/houan1/houan_houan23.html

犯罪白書を見ても、犯罪は減っているし、暴対法で暴力団の力も弱まっている、
オウム事件以降も法整備もされ、日本版NSCもできているし、
日本には交番システムもあるので、かなり治安対策はできていると思う。

犯罪白書http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/63/nfm/images/full/h1-1-1-01.jpg

もちろん、犯罪組織のテロに備える法が未整備ならはそれ必要だと思うが、
わざわざ、ISのようなイスラム過激派が日本を狙う意図もあまりないように思う。

では、実際にどの程度が賛成をしているのか見てみたら
例えば、産経新聞世論調査(2015年)では、共謀罪について、
「設けるべきだと『思う』が76・7%で「思わない」の13・2%を大きく引き離した」としている。
http://www.sankei.com/politics/news/151214/plt1512140046-n1.html

しかし、よくよく、この世論調査の質問事項をみると、「テロ対策として、
組織犯罪の計画づくりにかかわった場合、処罰の対象となる「共謀罪」について、
日本でも設けるべきだと思いますか、思いませんか」とあるのだが、
この聞き方では、通常、テロ対策が必要だと考えるので、「思う」と答えるだろう。
https://www.fnn-news.com/yoron/inquiry151214.html

テロ対策の必要性については論を待たないと思うが、
それと、この共謀罪の創設については別問題で考えるほうが自然だ。

そして、10年に渡って国会でも否定されてきたという現実を
政治家も少しは考えた方がいいように思う。

 

※ざっくりな参考

iRONNA(いろんな)産経系
テロ対策が専門の板橋功氏が賛成論者として上がっている。
http://ironna.jp/article/2484

一方で、反対意見の弁護士・山下幸夫氏。
http://ironna.jp/article/2486

 

★★★★ アニメ評「演出のうまさに脱帽した」 機動戦士ガンダム「鉄血のオルフェンズ」第一シーズン(サンライズ)

アニメ評

映画を除けば、TVシリーズのアニメを見たのは、
エヴァンゲリオン」「まどか☆マギカ」以来。

ガンダムはファーストから続く宇宙世紀シリーズはほぼ見たが、
最後に見たのは、「ガンダムW」だった。

そんな中で観た「鉄血のオルフェンズ」には衝撃を受けた。

というより、現代のアニメの演出手法にである。
オープニング曲やエンディングテーマ、サブタイトルの出し方など、
1回の放送およそ25分を一体感ある映画のように演出する。

さらに、スピード感と重厚感に圧倒される。
その演出に成功している1つの理由は、ガンダムで一般的に使われる
ビーム兵器を使わず、金属の武器でモビルスーツ同士が戦うからであろう。

金属がぶつかり合う音は激しく、その音の激しさがスピード感まで演出する。

設定は複雑だが、ストーリーは割とシンプルで、
火星の経済的独立を目指すジャンヌダルクのような若き革命家の女性を
地球まで送り届ける少年団たちの姿を描く。

少年たちが主人公というのはガンダムでは定番だが、
その少年たちが、ストリートチルドレンや、ISの少年兵を思わせ、
彼らが民兵組織を立ち上げ戦う姿は、現代の戦争をも思い起こさせる。

また、少年団の一部で同性愛を思わせるシーンがあるが、歴史学者の清水克行さんが
『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(集英社インターナショナル)で、
「同性愛は戦国の文化なんですよね」と語るように、そのような面もうまく描く。

少年団はあくまで民兵の軍隊組織に近かいのだが、
少年たちをまっすぐで清廉な存在として描く一方で、
大人側には裏切りや嫉妬、妬みが渦巻くなど対比的に描いている。

だから、少年団の中でのいじめやレイプなどはさすがにない。
戦争を扱ったハードボイルドなリアル作品ではあるが、
そこは一応は少年向けのアニメ所以か。

ただ、暴対法がこれだけ進む中で、仲間組織と盃を交わすなど、
日本の任侠組織を肯定するかのようなストーリーは中々、興味深い。

作品の中で仲間はどんどん死ぬし、戦争の残酷さや人を殺すことの意味、人間の在り方、人を葬ることの意味を考えさせるなど、ガンダムらしい人間ドラマは残っている。

ちなみに、好きなシーンは、字の読めないガンダムパイロット・三日月に、
ヒロインのクーデリアが「文字」を教えるところだ。(2017年1月)

https://www.amazon.co.jp/第1話-鉄と血と/dp/B01M0E961S/

 

★★★★ 書評「ポピュリズムと視聴率」 水島治郎『ポピュリズムとは何か』(中公新書)  岩崎達也『日本テレビの「1秒戦略」』 (小学館新書)

書評

水島治郎『ポピュリズムとは何か』(中公新書

 

ポピュリズムと視聴率―。

日本では批判的なトーンでしかほぼ使われない「ポピュリズム」だが、
本書ではポピュリズムの功罪の「功」の部分に光を当てている。

比較政治学者らしく、ポピュリズムの成り立ちや起源、
現在のEU諸国のポピュリズム政党、トランプ大統領などを引き合いに、
ポピュリズムの功罪を分析する。

ポピュリズムは新聞などメディアでは「大衆迎合主義」と訳されるが、
広辞苑で調べると、「一般大衆の考え方、感情、要求を代弁しているという
政治上の主張・運動」と民主主義との錯覚を覚える。

本書では、「ポピュリズム」を「少数派支配を崩し、デモクラシーの実質を支える
解放運動として出現した」としていて、下から後押しする政治改革だという。

また、ポピュリズムの定義として、①幅広く国民に直接訴える政治スタイル
②既成政治やエリートを批判する政治運動―としている。

ますます、「ポピュリズム」が民主政治と錯覚してしまうが、もちろん、危険性も指摘する。ポピュリストには一貫した思想はなく、あくまで大衆の望む方を向いているため、政策が180度変わることの危険性もあるという。

また、ポピュリストは、訴え方も巧妙で、「既成政治」「エリート」というのは
「特権階級」のことを指し、欧州で問題になっている難民・移民が
その国の「福祉」に与ることが「特権」に当たるとして批判する。

ポピュリズムの政治家や政党は、民主主義の「落し子」として、
その政策に耳を傾けることにより、現代社会の問題がさらにあらわになる。

「あいつはポピュリズムだ」と一言で片づけるのではなく、現代の政治を見る眼を冷静にさせてくれる一冊だ。

一方、同時期に出版された、岩崎達也日本テレビの「1秒戦略」』。

こちらは、フジテレビの視聴率を追い抜くまでの軌跡を、
広告代理店出身の日本テレビ元社員の著者が描く。

語り口も軽妙で非常に読みやすく、テレビの内実が分かり興味深い。

ここで描かれているは、フジテレビのCMの位置や時間まで解剖して、
視聴率1位になるには何が必要なのか、日本テレビの若手社員らがひたすら分析する姿だ。

本書によれば、日本テレビは、「視聴者至上主義」を掲げ、
視聴者が何を求めているのか、ひたすらに追い求めているという。

まさに、「ポピュリズム」的手法である。

しかし、この2冊を通して出る疑問は、大衆、民衆、視聴者とはいったい誰なのか。
大衆という一人の人間は存在しない。

その不特定多数をがっちりととらえる「政治」や「メディア」の恐ろしさを垣間見れる2冊である。(2017年1月読了)

https://www.amazon.co.jp/dp/4121024109/

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4098252775

★★★★ 書評「新たな冒険者の誕生だ」 宮木公博『外道クライマー』(講談社)

書評

新たな冒険者の誕生―。

那智の滝を登攀したことで逮捕された著者が描く冒険譚であり、冒険論。

ハードカバーにも関わらず、冒険家の角幡雄介さんの解説があるのは、
初めての著作で、本が売れないことを危惧した編集者の仕業かもしれないが、
そんなことが必要もないワクワクする素晴らしい内容だ。

本書は、「那智の滝・登攀逮捕事件」から始まり、
タイのジャングルでの46日間に及ぶ「沢登り」を中心に著者の登攀記録で構成されている。

山を登ると言っても、いくつかのパターンがあり、ハイキング、本格的な登山、
登攀具を使ったロッククライミング沢登りなどがあり、夏と冬でもやり方や道具も違う。

通常、本格的な登山といった場合、2000~3000メートル級の
日本アルプスなどの山々を巡ることを指すもので、登攀具の出番は少ないだろう。

沢登りは、山に入り河を遡上していくので、ある程度、登山をこなし、
岩登りやクライミング技術が無くてはこなせない上級者の道である。

卑下しているかのように描かれる「沢登り」だが、解説でも角幡さんが書いているように、「沢登り」に対する登山界の軽視への怒りがそこにあるのかもしれない。

しかし、本書の読みどころは、やはりタイのジャングルでの冒険だ。
高野秀行さんの著作に通ずるところがあるが、とにかく会話やジャングルでの過ごし方がユニークで面白い。一緒に付いていきたくなるほどだ。

新しい冒険ものが読みたい方にはおすすめの1冊だ。

ちなみに、著者が書くネット上のブログ「セクシー登山部」も面白いので、
早く更新してもらいたい。

また、TBSテレビ「クレイジージャーニー」の出演回を見ると、非常に寡黙でまじめな印象だった。だいぶ本書とのイメージが違うのが面白い。(2016年読了)

www.amazon.co.jp

★★★★ 書評「爽やかで社会派な一冊」 森絵都『みかづき』(集英社)

書評


ストーリーが秀逸で爽やかな社会派な一冊。

戦後の教育行政の変遷と共に、塾経営をする家族の物語りを描く森絵都さんの新作。
森さんがメディアでのインタビューでも語っている通り、
家族の大河の物語を描きたいと言う通り、主軸は家族のストーリー。

物語りは大きく3部に分かれていて、
1部の主人公は小学校の用務員として働く大島吾郎。

吾郎は用務員室で授業についていけない生徒に補習を行っていて、
そこに通う生徒の母親・赤坂千明が吾郎の勉強を教える手腕に目を付け、
共に学習塾を立ち上げることを持ち掛けることから物語りがスタートする。

2部は、吾郎と結婚した赤坂千明を軸に描く。
千明は学習塾を進学塾へと発展させるが、その方針についていけない吾郎と離別、
そして、塾業界を巡る争いにまい進していく。

3部では、千明の娘の子供(千明の孫)の一郎が主人公。
学校、塾ではない、第三の教育の道を模索する。

参考文献の1冊に、ジャーナリストの神保哲生氏と社会学者・宮台真司氏の
鼎談本(マル激トーク・オン・デマンドの書籍『教育をめぐる虚構と真実』)が
挙げられていて、そこからの影響が大きいとメディアのインタビューで語っていた通り、意外にもジャーナリスティックな一冊にもなっている。

森絵都さんらしからぬ(?)社会派な一冊ではあるが、
同じ年に出版された桐野夏生さんの『バラカ』ほどの破壊力はないかもしれない。

それでも、素晴らしい、おすすめの1冊です。(2016年12月読了)